2024年6月13日開催
【ポテンシャルプラス株式会社 × EdulinX 共催】
AI英語スピーキングテスト「AISATS」のご紹介

SEMINAR

セミナー内容

AIを用いて、1回10~15分で英語スピーキング力を測れるEdulinXの「AISATS」。
この度、このAISATSのプラットフォームを開発した、ポテンシャルプラス株式会社のBasil Tonks(バジル・トンクス)氏をお招きして、AISATSの特徴や従来のスピーキングテストの違い、メリットなどをお話しいただきます。また、AISATSの活用法についてもご案内させていただきます。

企業にとっても、教育機関にとっても、スピーキングテストの導入は重要性は理解していながらも、運営面やコストの面から導入を断念されていたケースもあるかと存じます。従来のスピーキングテストの課題を解決したAISATSの特徴をご理解いただき、将来的な英語教育に関する情報収集の一環として、ご参考にしてください。

セミナー概要

Part 1 AISATSのご紹介

ポテンシャルプラス株式会社 Basil Tonks氏

  • AISATSのテスト概要・特徴、他のスピーキングテストとの違い
  • バーチャル面接官とAIによる採点について
  • スコアレポートと公認英語試験の予測スコアについて

Part 2 AISATSの活用法について

株式会社EdulinX 法人営業部 登坂 淳一

  • 企業のお客様のご活用例
  • 教育機関のお客様のご活用例
日時 2024年6月13日(木)14:00~15:00

参加費用

 無料
開催場所 オンライン(Zoom)
参加者の皆様の顔出しはございませんので、ご安心ください。 
ご予約いただいた方には、別途ミーティングIDをお送りいたします。

AISATS の概要はこちらをご参照ください
※EdulinXのAISATSは、ポテンシャルプラス株式会社が開発した、AI英語スピーキング評価・問題作成プラットフォームに、EdulinX独自の問題を使用した、英語スピーキングテストです。

登壇者紹介

バジル・トンクス氏

Basil Achilles Tonks(バジル・トンクス)
ポテンシャルプラス株式会社 創業者兼最高収益責任者

1966年カリブ海の島国トリニダード・トバゴで生まれる。1969年カナダに移民。国籍はカナダとイギリス。トロント大学で中国史と中国語を専攻。ブリティッシュ・コロンビア大学大学院で東アジア研究と日本語を専攻する。1992年、バックパックと全財産(10万円)を持って来日する。以後、英会話学校の教師、統括責任者、教材開発者、教師養成トレーナー、出版、校長など、幅広く英語教育に携わる。

また、横浜国立大学・青山学院大学・NPO法人国際教育振興協会と共同で英語指導者育成eラーニングプログラム「Teyl-JAPAN」の開発にも参加。一般社団法人全国外国語教育振興協会(全外協)の理事としても活躍。

CONTACT

学生から社会人まで、英語学習に留まらない
グローバル人材育成をEdulinXにお任せください。

ご不明な点はお気軽に
お問い合わせください

お役立ち資料は
こちらから

ページトップへ戻る